赤澤望 顔画像?香川県東かがわ市松原 白鳥神社参道で息子を車ではねる!場所と原因は?

事件
スポンサーリンク

2019年1月16日午後5時10分ごろ

香川県東かがわしの寺の坊守の女、

赤澤望容疑者が白鳥神社参道で息子を車ではね逮捕されました。

なぜ息子をはねたのか気になります。

赤澤望の顔画像はあるのか、場所や原因をまとめました。

 

スポンサーリンク

事件の内容は?

息子を車ではねてけがを負わせたとして香川県東かがわ市の寺の坊守の女が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは東かがわ市三本松の寺の坊守、赤澤望容疑者(62)です。

赤澤容疑者は16日午後5時10分ごろ、東かがわ市帰来の白鳥神社の参道で、運転していた乗用車を息(30)に向けて発進させて転倒させ、けがを負わせた疑いです。息子は膝をすりむくけがをしました。

警察の調べに対して赤澤容疑者は「当たったかどうかは分からない」と容疑を否認しています。

2人はかねてから家族間の問題でもめていて、トラブルがこじれたものとみて警察が調べを進めています。

 

出典:KSB瀬戸内海放送

犯人プロフィール

名前:赤澤望(あかざわのぞみ)

年齢:62歳

性別:女性

職業:寺の住職の妻(坊守)

 

被害者

名前:不明 赤澤望の息子

年齢:30歳

職業:不明

けがの状況:ひざを擦りむくけが

 

息子さんの名前、顔画像ともに探したところ見つかりませんでした。

 

事故現場の白鳥神社の場所は?

東かがわ市帰来の白鳥神社の参道s

住所:香川県東かがわ市松原69付近

 

坊守の仕事とは?

お寺の住職の妻のことを坊守とよぶようです。

坊守の仕事のについて書かれたブログを見つけました。

一番大変なことは365日24時間営業ということらしいです。

 

「お寺のお嫁さんって大変そう」・・・よく言われます
ヤッコさんのコメントにもあったけど
何が一番大変なのかなぁ~って考えてみた。

仕事の内容自体は他の職業に比べて特別大変だってことは無いと思う
掃除や接客(ご門徒のお相手)も地域やお寺の事情によってさまざまだから
大変さもそれぞれ・・・・・。

やっぱり365日24時間営業体制
しかも若坊守にとっては上司でもある舅・姑と
これまた365日24時間共同住み込み生活・・・ってのがキツイ
外出する時もいつお呼び出しがかかるか判んないから
『何時から何時まで、誰と何処でなにしてます』って報告して出かけなきゃならない
去年、義父・母に留守番頼んで、家族で二泊の旅行に行ったその初日
宿泊先に「お寺の役員さんが亡くなった」と連絡があり
全てキャンセルして引き返しました

法務、ご門徒が全てにおいて優先されるから
長女のピアノの発表会にも、長男のソフトの引退試合にも行ってあげられなかった
親としてはチョットつらい。ゴメンネ・・・・。

それに坊守の仕事なんて
具体的に何がどうだなんて知ってて坊主と結婚する人は少ないんじゃないかな?
うちの宗派の場合は住職の配偶者は自動的に『坊守』という『職業』についてしまうから
あらこんなはずじゃ・・・。私『坊守』に向いてないわと思っても
旦那が住職を辞めるか、離婚でもしない限り転職ってのはできないシステムなんです(今のトコ)

・・・なんだけど
この頃は一概にそうとも言えないみたいなんです。
私と同年代の坊守さんは在家から恋愛結婚で寺に嫁いだ人も多くて
かなりのキャリアを持ちながら、結婚前の仕事や交友関係生活を捨てて
寺での生活に頑張ってる人が多い。当然同居だし。

ところがイマドキの若坊守さんは、ちょっと事情が違う。
当然のように恋愛結婚なんだけど
お寺には住まない。つまり同居はしない
2人で近くのマンション借りて、旦那は実家の寺に通い坊主。
奥様は結婚前の仕事を続けるってサラリーマン化現象が多発している。
それなりにキャリアがあって、仕事は好きで辞められない。
昔なら仕事か結婚か選択を迫られるところなんだけど
「私は彼と結婚するんで、お寺に嫁ぐわけじゃない」とあっさり両方クリアーしてしまう。

いずれ両親が歳をとり、
世代交代の時が来たら彼女達はお寺に戻ってくるのでしょうか?
世襲制、家族単位で支えられてきたお寺(・・・あ、これ浄土真宗の場合ネ)
時代と共にどんな風に変わっていくのでしょうか?

そして息子よその時あんたはどうする

引用:寺嫁な日々

 

跡継ぎ問題など周りからは分からないトラブルがあったのかもしれません。

 

おわりに

家族内のトラブルがあったのだと思われます。

ひざをすりむく程度のけがで良かったのではないでしょうか。

これを機にトラブルはお互いに話し合って解決できるといいですね。