秋冬におすすめ!レンタカーで西伊豆の夕日と堂ヶ島を満喫するコースのざっくり時間と費用の紹介

旅コース
スポンサーリンク
きりん
美しい自然を見に行きたい!堂ヶ島のフェリーの乗りたい!西伊豆の夕日は最高だと聞いたの!冬の富士山を見たい!

 

自然を満喫!堂ヶ島の青の洞窟!西伊豆の夕日!雪のかかった富士山!

 

うさ
伊豆でステキな旅行ができるのかな?

 

秋冬の自然を満喫したあなたにわたしのオススメしたい西伊豆での旅行プランをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 沼津港→恋人岬(こいびとみさき)→堂ヶ島(どうがしま)→黄金崎(こがねざき)

旅行の場合は新幹線の最寄り駅である三島駅をベースに提案します。

今回のモデルコースはこちら。

 

 11時 出発 三島駅でレンタカーを19時までレンタル
 30分 移動 沼津港へ移動
 1時間|11:30~12:30  沼津港で食事をたのしむ
 1時間20分 移動 恋人岬へ移動
 20分|13:50~14:10 恋人岬をたのしむ
 20分 移動 堂ヶ島へ移動
 1時間|14:30~15:30 堂ヶ島でフェリーや景色をたのしむ
 15分 移動 堂ヶ島から黄金崎へ移動
 1時間|15:45~16:45 黄金崎で夕日をたのしむ
 1時間30分 移動|18:15 黄金崎から三島駅へ移動
 19時 到着 三島駅到着&レンタカーを返す

 

車で移動が中心です。西伊豆はバスの運行本数も少なく車移動がおすすめです。

冬の日没が16時半頃になるため、黄金崎で16~17時まで夕日をたのしむ予定でプランを立てて見ました。

 

100km超えての距離ですが、山の中や海岸沿いと変化のあるコースなのでドライブとしても楽しめます。

 

きりん
伊豆らしい火山でできた山々の景色が楽しめます。

 

では、詳しく見ていきましょう!

 

 三島駅から沼津港へ

三島駅でレンタカーを借りて移動します。
三島駅から沼津港とへは30分ほどで到着します。

まずは三島駅の近くでレンタカーを借りましょう。

 

 

 

沼津港は土日祝日のお昼どきは、観光客でにぎわっています。

平日は空いていることが多いです。

 

[kanren postid=”401″]

 

 沼津港から恋人岬へ

ロマンチックな“恋人岬”という名前もあり、デートで訪れる方も多いです。

沼津港からは1時間20分程度で到着します。

ここで絶景を見て休憩をしてから出発しましょう。

 

[kanren postid=”264″]

 

 

 恋人岬から堂ヶ島へ

恋人岬から堂ヶ島へは20分程度で到着します。

海岸沿いの道中は絶景です!

堂ヶ島に到着したらフェリーに乗りましょう。

オススメは“洞窟めぐりコース”です。

フェリーの出発時間の間隔が10分~15分と短く、所要時間も20分と到着時間を気にせず楽しむことができます。

 

[btn class=”rich_green”]洞窟めぐり遊覧船[/btn]

 

[kanren postid=”369″]

 

 

 堂ヶ島から黄金崎(こがねざき)へ

堂ヶ島で“青の洞窟”を見た後は、夕日を見に行きましょう。

黄金崎へは15分ほどで到着します。

日没の30分程度前に到着して日が沈むマジックアワーを堪能しましょう。

同じ月でも月初と月末では日没時間が30分ほど違うときもあります。
日没時間を確認しておでかけくださいね。

[btn class=”rich_green”]西伊豆夕日時刻表[/btn]

 

[kanren postid=”314″]

 

 

 黄金崎から三島駅へ

西伊豆の夕日を満喫したら三島駅まで帰りましょう。

三島駅へは分ほどで到着します。

日が落ちたあとの暮れなずむ夕景を楽しめます。

 

 ざっくり費用

今回のコースの費用はざっくりこれくらいかかります。

レンタカーは大人4人乗りを想定。

 

 レンタカー代      8,640円
 昼食代      8,000円(1人2,000円)
 駐車場代      0円
 堂ヶ島フェリー代  4,800円(大人1人 1,200円)
 ガソリン代  2,100円(走行10km/㍑・ガソリン代 150円/㍑・140㌔走行)
 合計    23,540円(1人6,000円くらい)

 

 まとめ

おすすめの秋冬旅コースを紹介しました。

春夏は霞がかり富士山がくっきり見えない日が多いですが、冬はとくに天気も良く空気も澄んでいますから、雪がかかった美しい富士山を見られる日が多いです。
冬は寒いですが、富士山が一番美しく見える季節です。
西伊豆の絶景をたのしんでみてはいかがでしょうか?