イルミネーション 東海の穴場は はままつフルーツパークでゆったり楽しむ!

絶景
スポンサーリンク

クリスマスが近づいてくると、キラキラのイルミネーションが見たくなってきますね。
日中は公園としてオープンしている「はままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)」。
冬は「フルーツ」をテーマにイルミネーションが開催されるとのことで行ってきました。
訪れてビックリしたのが、とても広い園内に宿泊施設もあったこと!
入場口を通るとすぐに企業や団体の参加するイルミネーションの作品も面白かったのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

 イルミネーション 東海地方の穴場は「はままつフルーツパーク時之栖」は混雑なし!

日中は160種4,300本の果樹を栽培する農業公園のこちら。
フルーツ狩りは人気で収穫体験をすることもできるそうなのですが、今回は冬らしくクリスマス気分を満喫するためにイルミネーションを見にきました。

 

入園前の広場からイルミネーションです。

 

入園すると企業や団体さんが創ったイルミネーションが並んでいます。

名物「浜松餃子」のイルミネーションも。

 

どこのイルミネーションが一番よかったのか投票用紙もありました。

 

入り口のブースを抜けると光のトンネルが見えてきました。

トンネルをくぐっていくとフルーツパークらしく天井にはぶどうやバナナなど果物のイルミネーションがぶら下がっています。

 

トンネルの途中には屋台もあり簡単な食事もできます。

 

ワインカーブレストランお土産ショップもあります。

 

そして、ズンズン歩いていくと見えてきたのがコチラです。

なんと、ここでBBQができるそうです。
冬は寒そうですが・・・。

そして更に進むと小さな家が!
こちらには宿泊もできるそうです。

園内では、キャンプやグランピングができるようです。

こちらは冷暖房完備で快適に過ごせるようです。

 

途中に見えたこちらにはワインカーブがありました。

グラスに名前を入れるワークショップも体験できるそうです。

 

そして最後に見えてきたのが温泉です。

はままつフルーツパークは普通のイルミネーションをたのしむだけの観光地ではなく、宿泊・食事・温泉・体験などアクティビティもできるところだったようです。

今回イルミネーションが飾られた場所は、ほんの一部だったようで広大な敷地の中では、とても珍しい「アーモンド」の木や「ぶどう」・「ブルーベリー」・「キウイ」・「サクランボ」などが植えられているのを見ることができるようです。

BBQガーデンやPizza工房、熱帯果樹温室などもあり昼間もたのしめそうでした。

 

 「はままつフルーツパーク時之栖」の場所・アクセスは?

このあたりの周辺は何もない田舎の景色が広がっています。

フルーツパークで1日、もしくは一泊することを目的として訪れることをオススメします。

住所静岡県浜松市北区都田町4263-1
TEL053-428-5211
アクセス新東名高速 浜松浜北I.Cより12分

天竜浜名湖線 フルーツパーク駅より徒歩10分(800m)

 

[btn class=”rich_green”]はままつフルーツパーク ときのすみか[/btn]

 

遠州天浜線「フルーツパーク」の駅もイルミネーションで可愛く装飾されています。
一両編成の電車でのんびりと進む電車の旅もほっこりできそうです。

 

 まとめ

はままつフルーツパーク時之栖は園内も広く、あっという間に終わってしまった、ということがありません。
イルミネーションがメインの観光地は混雑してお客さんも多いものですが、広いからか人が少なく感じますしのんびり楽しむことができます。
近くに他の観光地が見当たらないのがネックかもしれないですが、夜空もキレイで星も見え自然も楽しむことができます。
イルミネーションは22018年11月10日(土)~2019年1月14日(月)まで開催されています。

ぜひ1度行ってみてはいかがでしょうか。