橋本佳歩,田中聡 容疑者 顔画像!火傷の理由は?誤って熱湯かける?

事件
スポンサーリンク

3月4日正午ごろ、神奈川県横浜市の自宅で、3歳の長女に大やけどを負わせ病院へ連れていかず放置した母親と同居の男が逮捕されました。

やけどを負った3歳の女の子の5歳のお兄ちゃんが近所の人に相談して事件が発覚しました。

事件の内容をまとめました。

スポンサーリンク

横浜市鶴見区女児虐待事件の内容は?

 大やけどを負った3歳の女児を家に放置したとして、神奈川県警は5日、母親で横浜市鶴見区梶山2、無職、橋本佳歩容疑者(22)と同居の自称運転手、田中聡容疑者(21)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。県警鶴見署によると2人は容疑を認めているという。

逮捕容疑は4日正午ごろ、自宅で背中を中心に大やけどを負った長女(3)を病院に連れて行って治療させることなく、放置したとしている。橋本容疑者は「シャワーの際に誤って熱湯をかけてしまった」と供述。女児の背中から腰にかけてラップが巻かれていたという。やけどは3カ月以上の入院を必要とする状態だった。

鶴見署によると、両容疑者は5歳の長男、けがをした長女の4人で暮らしていた。長男が4日午後、近所の住民に「お母さんがいない」と相談し、この住民が警察に通報。警察官が家に行くと、意識がもうろうとした状態の女児が横たわっていた。両容疑者は不在について「2人でパチンコに行っていた」と話しているという。【洪※香】※は「王」偏に「文」

出典:毎日新聞

事件の内容まとめ

・シャワーの際、3歳の長女に熱湯がかかり大やけどをさせた
・背中から腰のやけど部分にラップをし母親と男は外出
・5歳の長男が近所の人に「お母さんがいない」と相談し警察に通報
・母親と男はパチンコへ行っていた
・女の子は3ヶ月以上の入院を必要とする状態

容疑者プロフィール

容疑者2人の顔画像が公開されました。

出典:日テレNEWS

名前:橋本佳歩
年齢:22歳
職業:無職
在住:横浜市鶴見区梶山2
容疑:保護責任者遺棄
家族:5歳の長男、3歳の長女

現在、顔画像が公開されておりません。
Facebookも確認しましたが本人特定には至りませんでした。

 

出典:日テレNEWS

名前:田中聡
年齢:21歳
職業:自称・運転手
在住:横浜市鶴見区梶山2

現在、顔画像が公開されておりません。
Facebookも確認しましたが本人特定には至りませんでした。

被害者プロフィール

名前:不明・母親の長女
年齢:3歳
けが:背中の大やけど(3ヶ月入院が必要なほど)

 

横浜市鶴見区女児虐待事件の場所は?

神奈川県横浜市鶴見区梶山の自宅で事件は起こりました。

地図上ではこちらになります。

なぜ火傷した?

通常シャワーを浴びる際、大人であれば熱湯から合わせずちょうど良さそうなところか少し冷ためのところから、少しずつ温かくしていきます。

3ヶ月の入院が必要なくらいの火傷ですから、わざとではないか?と思います。

火傷になった時間も昼ぐらいと通常子どもにシャワーを浴びさせる時間ではないです。

自分達の都合でこのようなことをしたように思われます。

ネットの声は?

近所の人の入室を拒むあたり、上の子も虐待されていたんじゃないかって気がしますね。でも勇気を出して誰かに言いに行ったのかな。5歳の兄の妹に対する精いっぱいの愛だと思いたいです。この子たちは何があっても、もうこの親とは会えないようにした方が良いと思います。

子どもに酷いことをした親、内縁関係の人間には、同じこと以上のことをして極刑になるよう法を変えてほしい。

お兄ちゃんも確実に保護して下さい

助けた男性は面倒くさがらず
異変を感じとり通報してくれたのが
凄いことだと思う
なかなかできないよ

 

まだまだ虐待にあっている子供たちは日本中いたるところにいてSOSを出していると思います。

近所の人は恐れずに通報してくださいね!
逮捕されたニュースが抑止に繋がります。

そして子供たちは救われます!

 

また「若い母親と内縁関係の男」。
速やかに親権剥奪が出来るよう、法改正を強く期待する。

誤ってシャワーで熱湯を掛けた
って言うなら、掛けた人も火傷するんじゃないの?
3歳児が一人でシャワーを浴びるって考え難いけどな。
シャワーなら、いきなり熱湯が出るってのもあり得ないだろうし。

 

 

 

 

熱湯を誤ってかけたと言ってるが、絶対故意だと思う!

 

おわりに

長男は17歳のとき、長女は19歳のときに産まれた子どもでした。

子どもに子どもは育てられないと、このような事件の度に思ってしまいます。。

火傷もキズが残るのではないでしょうか。

娘さんの心にも体にも大きなキズを残し、トラウマとなって生涯抱えていくことになるかと思うと可哀想でなりません。

この長男が大人の助けを呼べたことが幸いでした。

このような事件がなくなることを祈ります。