魚重食堂 戸田で深海魚げほう天丼を食す!戸田港の景色も抜群!

グルメ
スポンサーリンク

深海魚を食べたことがありますか?

水深200m以上に生きる魚を深海魚といいますが、硬い皮や甲羅に守られたやわらかい身、見えてなさそうな大きな目、グロテスクだけどチャーミングな姿。
深海魚は、水族館でもスーパーでもご飯やさんでもあまり見かけない魚です。

静岡県沼津市戸田(へだ)には小さな港、戸田港があります。
この戸田港は日本一深い駿河湾に接しているため、高足ガニや深海魚が有名です。
そして、それらを食べさせてくれるお店もあります。

 

きりん
今回は深海魚を食べさせてくれるお店をご紹介します!

 

スポンサーリンク

 戸田(へだ)の場所は?

静岡県沼津市の戸田は、この小さなエリアになります。

小さな港から駿河湾へ漁業に出る様子が地図をみるとわかりやすいですが遠洋漁業の拠点となっています。

 

港には漁船がちらほらいて、風景もステキです。

 

漁港の手前に「戸田観光案内所」がありました。
こちらでお店を紹介してもらおうと思ったところ、外出中の札が貼られてましたので、フラッと歩いてお店を探します。

 

 魚重食堂で深海魚を食す!

お店を探そうと細い道なりを行くとすぐに「魚重食堂」を発見しました。

道の先まで見通してみても、他にお店が見えなかったのと「地魚料理」「深海料理」の看板に惹かれました。

戸田の名物、高足カニも魅力的ではありますが、カニってどれも美味しいですよね?味もわかりますし。
なので、今回は深海魚一択です!

 

 げほう天丼!!

魚重食堂さんのメニューはこんな感じでした。
揚げ物が多いようですね。

 

そして今日のおすすめは「げほう天丼(1,450円)」と店内のパネルにあり、今回はそちらをいただくことにしました。

そして「げほう」って?

深海魚ポスターが店内に貼ってあったのですが、これ!!

体長70センチ前後になる。頭部の下の面は鱗で被われている。

海水魚。水深300メートルから1000メートルに棲息。千葉県以南の太平洋側で、底ものの副産物として水揚げされる。
量が少なく、一般的な水産物ではないが、産地などでは珍重し、漁師さんの家庭などでは煮つけ、みそ汁などになり日常的に食べられている。
特に底曳き網のある地域では、徐々に独特の外観のせいもあって人気が出始めている。

引用元:市場魚介類図鑑

 

そして待ちに待った「げほう天丼」がきました。

凄すぎます!!
身は二匹以上分あるとのことで、ボリューム大です。

身は深海魚のイメージ通り、ふわっふわの白身でクセがなくて柔らかく、天ぷらがとっても合います。

きっと刺身には向かないような?そんな身の柔らかさです。

「丸ごと全部食べられます。」というお店の方の言葉通り、頭も骨もしっかりカリっと揚がっていて余すことなく完食できました。

お腹いっぱいです。

げほう天丼を半分食べ終わったころ、バイク乗りの男性2人組が入店。
同じくげほう天丼を頼み撮影会です。
はみ出るほどのげほうに「おお!」思わず歓声がでるあたり共感してしまいました。

 

 他にはどんな深海魚が食べられる?

戸田、そして沼津市内でも深海魚を食べられるお店がたくさんあります。
比較的多く見かけるのがこちらです。

金目鯛

(参照:市場魚貝類図鑑)

メギス

(参照:市場魚貝類図鑑)

カサゴ

(参照:市場魚貝類図鑑)

アブラボウズ

(参照:市場魚貝類図鑑)

新鮮なものは寿司や刺身で、唐揚げや天ぷらでも提供されています。
どれも白身魚で食べやすく美味しいです。

[aside type=”normal”]

日本の深い湾ランキングがコチラ、駿河湾が1番深いです。

1. 駿河湾 2,500メートル
2. 相模湾 1,600メートル
3. 富山湾 1,200メートル  [/aside]

 まとめ

戸田港で食す深海魚はとても美味しいものでした。
今度は高足カニも食べてみたいと思います。
戸田や沼津市内には深海魚を食べさせてくれるお店がたくさんあります。
沼津港には「深海魚水族館」があるほど、深海魚が捕れる土地です。
是非、深海魚を食べさせてくれるお店を見つけたら食べてみてくださいね。