西伊豆 旅行ならパワースポットの神社&お寺巡りと岬めぐりで運気UP!

旅コース
スポンサーリンク

 

きりん
西伊豆の神社を紹介してもらったから行きたくて。

 

うさ
西伊豆に神社?

 

きりん
パワースポットなんだって!

 

伊豆は熱海や伊東のある東伊豆と土肥や堂ヶ島などの西伊豆とで雰囲気が大きく違うことをご存じですか?

西伊豆は東京から離れていることもあってか、手つかずの自然が残っている雰囲気が漂い、のんびりとした空気が流れています。

リアス式の海岸沿いは、海そして山肌といった自然の中をくぐり抜けるようなドライブをたのしむことができ、道の途中に沢山の岬があります。

少しドライブして富士山と海を眺め、また少し走って風景をたのしむ。

周囲を海にかこまれているのに、なぜか真ん中に淡水の池がある一帯などは何とも不思議な雰囲気が漂っていますし、日本一大きなだるまがいると言われるお寺には、芸能人が病気治癒祈願で訪れていたこともあったようで記念写真が飾られています。

パワースポットでパワーをいただきながらリフレッシュできる西伊豆の旅行プランをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 三島駅→大瀬崎→煌めきの丘→出逢い岬→夕映えの丘→戸田港→碧の丘→旅人岬→だるま寺→恋人岬→三島駅

 

今回の旅行は新幹線の最寄り駅である三島駅をベースに提案します。

トータルで7時間5分の旅行程、たっぷりたのしむことができます。

10:30出発三島駅でレンタカーを18時まで借りる
50分移動大瀬崎の駐車場へ移動
  1時間|11:23~12:23大瀬崎・大瀬神社でたのしむ
11分移動煌めきの丘へ移動
   5分    |12:34~12:39煌めきの丘でたのしむ
   8分移動出逢い岬へ移動
   5分     |12:47~12:52出逢い岬でたのしむ
   1分移動夕映えの丘へ移動
   5分     |12:53~12:58夕映えの丘でたのしむ
   2分移動戸田港へ移動
1時間    13:00~14:00戸田港で昼食
12分移動碧の丘へ移動
   5分     |14:12~14:17碧の丘でたのしむ
13分移動旅人岬へ移動
   5分     |14:30~14:35旅人岬でたのしむ
13分移動だるま寺へ移動
30分     |14:48~15:18だるま寺でたのしむ
  4分移動恋人岬へ移動
  1時間  |15:22~16:22恋人岬でたのしむ
  1時間14分移動三島駅へ移動
17:36三島駅へ到着

 

きりん
では、出発です!

 

 全体の地図はこちら

 

 

 三島駅→大瀬駐車場へ駐車して徒歩で大瀬崎(おせざき)一帯をたのしむ

大瀬駐車場に車を停めて歩いて周囲の散策をします。

駐車場から10~15分、神社の鳥居を目標に海岸沿いを歩いていくと「大瀬神社」と「神池」、「ビャクシン林」に着きます。

駐車場 1時間300円

 

大瀬崎はダイビングスポットとして有名です。
遠浅で波のない海岸は冬でもダイビングを楽しむ方が大勢いました。
伊豆は海が暖かく岩場も多いため、熱帯地方に生息するようなカラフルな魚を見ることができます。
海岸線にはダイビングショップが並んでいます、ダイビング体験もおすすめです。

[kanren postid=”605″]

 

 大瀬 有料駐車場→煌めきの丘

見過ごしてしまいそうになりますから、注意してくださいね。

[kanren postid=”572″]

 

 煌めきの丘→出逢い岬

煌めきの丘から出逢い岬もあっという間に到着します。

[kanren postid=”572″]

 

 出逢い岬→夕映えの丘

出逢い岬から夕映えの丘もすぐに到着します。

こちらは富士山が見えない場所にあります。
富士山よりも、「夕映えの丘」という名前のとおり、夕日をたのしむ方が向いています。

[kanren postid=”572″]

 

 夕映えの丘→戸田港

戸田港周辺には食事処が数軒あります。
戸田で有名な食材は、深海魚や高足ガニです。
小さな港も可愛らしいので風景もたのしんでください。

「げほう天丼」(深海魚)をいただきました。

[kanren postid=”650″]

 

 戸田港→碧の丘

[kanren postid=”572″]

 

 碧の丘→旅人岬

旅人岬にあるモニュメントには丸い穴が開いています。
その穴から富士山が真ん中に見えます、のぞいて見てくださいね。

[kanren postid=”572″]

 

 旅人岬→だるま寺

5mという日本一大きな「だるま」がいるというだるま寺。

境内にもだるま、お堂の中にもだるま、と小さなものは親指の先ほどのサイズのものから所狭しと並んでいました。

 

 だるま寺→恋人岬

今回の旅の中で散策スポットが多い岬がこちらの恋人岬になります。

駐車場から展望台まで片道徒歩10~15分ほど高低差のある道を行きます。
運動不足ですとちょっと息切れしてしまうかもしれませんが、展望台には「鳴らすと結ばれる鐘」もありますし、富士山と海が絶景!なので是非歩いてみてください。

[kanren postid=”264″]

 

 恋人岬→三島駅

帰りは伊豆半島の真ん中に走る国道136号線は、行きのくねくねした海岸沿いの道路にくらべて真っ直ぐで走りやすい道です。

 

 ざっくり費用

今回のコースの費用はざっくりこれくらいかかります。
レンタカーは大人4人乗りを想定。

 レンタカー 10,000円
 昼食代    6,000円(1人1,500円)
 駐車場代        300円
 だるま寺拝観         500円
 ガソリン代      1,800円

(走行10km/㍑・ガソリン代 150円/㍑・120㌔走行)

 合計 18,600円(1人4,650円)

 

 まとめ

西伊豆の小さなエリアでパワーチャージができます。
西伊豆は東伊豆に比べて、観光客も少なく車も空いていることが多いです。
人混みを離れ、自然を満喫するには西伊豆がおすすめです。

西伊豆の自然もゆったり楽しむコースでは富士山と美しい海、伊豆の自然に育った木々、心の洗濯になるような1日を過ごすことができます。
是非おでかけしてみてはいかかでしょうか?