海南市下津第一中学校 飲酒運転 男性教員停職!酒が抜ける時間とは?

事件
スポンサーリンク

2月7日、飲酒運転で中学校の先生が停職4ヶ月の懲戒処分になりました。

停職処分とは甘くないでしょうか?

事件の内容やアルコールが抜ける時間などをまとめました。

海南市中学校教諭飲酒運転事件の内容は?

和歌山県教育委員会は7日、飲酒運転したとして、海南市下津第一中学校の男性教諭(51)を停職4カ月の懲戒処分にした。本年度、懲戒処分を受けた教職員はこれで9人(7件)で、2000年度以降では2番目に多い人数となった。

県教委によると、教諭は1月18日午前2時ごろ、寝付けないために日本酒2合を飲んで眠りに就いた。6時半ごろに一度目が覚めたが、体調が優れず、休暇取得の連絡をして再び就寝。11時ごろに起床し、続いていた不眠による体調不良を診てもらおうと、乗用車で市内の病院に向かったが、途中で側溝に脱輪。レッカー車を要請しようとしていたところ、通報を受けた警察官から事情聴取やアルコール検査を受け、酒気帯び運転で検挙された。

県教委の教職員向け不祥事防止マニュアルは「仮眠後や翌日でもアルコールが分解されないこともあると認識する」「運転の前日は飲酒しないか、早めに切り上げる」などと求めている。

男性教諭は、1月18日午前2時ごろ日本酒を2合飲んで眠りますが、昼前に起床します。

体調不良で病院に向かう途中に事故をし、救助にきた警察官からアルコール検査を受け酒気帯びとされました。

男性教諭は、4ヶ月の停職だそうで、その期間職務をさせず給与を払わないものの、職員としての身分はそのまま保有するものです。

容疑者プロフィール

名前:不明
性別:男性
年齢:51歳
勤務先:海南市下津第一中学校

海南市下津第一中学校の場所は?

住所:和歌山県海南市下津町下津500−2

ストリートビューはこちらになります。

地図はこちらです。

アルコールが抜けるまでの時間は?

アルコールが抜けるには、体重・飲酒量・アルコール度数が関わってきます。
計算上では以下のような数字になりますが、体質や体調なども関わるので一概には言えません。

しかし、予想以上にお酒が体から抜けるのには時間がかかる、と考えた方がいいことがわかります。

日本酒(15%)1合 180mlの場合ですと以下のような時間が目安になります。

体重1合2合3合
50kg4時間20分8時間39分12時間58分
55kg3時間56分7時間52分11時間47分
60kg3時間36分7時間12分10時間48分
65kg3時間20分6時間39分9時間59分
70kg3時間06分6時間11分9時間16分

出典:drivjin

今回の男性教諭は2合のお酒を飲んだようですから、6時間~8時間30分ほどは必要で、時間的にはお酒が抜けてもよかったくらいかもしれません。

しかし、体調不良だったとのことでお酒も抜けなかったのかと思います。

おわりに

今回の飲酒運転は、側溝に脱輪という自損事故で本当によかったと思います。

飲酒運転で人をはねる事故が相次いでいます。

教師という立場もありながら法を犯すとは残念です。

体調不良といえども、酒が抜けないなら運転を控えないといけませんね。