桔梗が丘保育園 ぼや 火災 おやつ用意中に鍋から出火!消火方法は?=三重県名張市

火災
スポンサーリンク

2月7日午後1時前ごろ、三重県名張市の保育園でおやつの準備中に調理室から火がでました。

調理員2人がのどの痛み等があるものの、園児たちは避難をし無事でした。

調理室火災の内容、油に引火する危険や消火方法をまとめました。

スポンサーリンク

桔梗が丘保育園ぼや火災の内容は?

保育園の調理室でボヤ。女性調理員2人がのどの痛みを訴えていますが、園児およそ180人にケガはありませんでした。

 7日午後1時前、三重県名張市の「桔梗が丘保育園」の職員から「調理室で鍋から目を離した隙に火がついた」と消防に通報がありました。

 保育園の職員が消火器を使うなどして火はすぐに消し止められましたが、換気扇の一部などが焼けました。

 60代の女性調理員2人がのどの痛みを訴え、病院へ行きましたが症状は軽いということです。

 また、0~5歳の園児およそ180人と保育士らは、近くの小学校の校庭にすぐに避難してケガはありませんでした。

 保育園によりますと当時、調理室ではおやつのドーナツを揚げる準備をしていたということです。

出典:東海テレビ

出火した場所は?

三重県名張市の桔梗が丘保育園の調理室から出火しました。

住所:三重県名張市桔梗が丘3番町4−41−1

園児達はこの広い園庭でなく、小学校まで避難したようです。

とっさの判断をされた先生方が素晴らしいです。

調理室はこちらです。

地図はこちらになります。

桔梗が丘保育園とは?

園児定員が180名と大きな保育園です。

職員数も多く管理体制もしっかりしていることが伺えます。

保育時間も適切で園児に無理がない保育内容かと思われます。

今回近くの小学校へ180人で避難したということで、月に1回の法律で定められた避難訓練を普段から真面目に行っていた成果の賜物かと思われます。

油に引火する条件と消火方法は?

油に引火をする状況は、火にかけた油が310℃ほどで火だねを近づけることで引火をします。
温度が上がり360℃を越えると自然に発火をしてしまいます。

180人分のおやつですから、大きな鍋での調理だったことでしょう。

ちょっと目を離した瞬間に温度が上がってしまったと思われます。

天ぷら油の発火の様子と消火方法のわかりやすい動画をご覧ください。

おわりに

揚げ物は目を離さないことが安全で美味しくできるコツになります。
乾燥した日々が続いていますから、より注意が必要です。

今回は大事に至らず本当によかったと思います。
園児たちも先生たちも保育園から離れた場所まで避難し、素晴らしい対応だと思いました。