成章高校野球部 盗撮 7人対外試合禁止!野球を通じ人格の形成が目標だったのに・・・

スポンサーリンク

京都成章高校の野球部員7人が学校行事で訪れた宿泊施設で盗撮に関わったとし、約1ヶ月の対外試合禁止処分を受けていたことがわかりました。

誰か1人が言い出し、みんなが流されてしまったのでしょうか?

事件の内容をまとめました。

スポンサーリンク

京都成章高校の野球部盗撮事件の内容は?

夏の甲子園で全国準優勝経験がある京都成章高(京都市西京区)の野球部員が1月、盗撮したとして、日本学生野球協会から約1カ月の対外試合禁止処分を受けていたことが7日までに分かった。同高は取材に応じていない。

関係者によると、1月下旬、学校行事で訪れた京都府外の宿泊施設で野球部員7人が盗撮に関わったという。同高の道端公司教頭は「何も答えられない」と話した。

同高は春夏合わせて甲子園に5度出場し、1998年の夏の大会で準優勝した。日本学生野球協会は2月1日、被害者保護を理由に学校名と所在する都道府県名を非公表にして処分を発表していた。

出典:京都新聞

事件の内容まとめ

・野球部員7人が宿泊施設で盗撮に関わった
・日本学生野球協会から約1カ月の対外試合禁止処分を受けていた

教頭先生は

「何も答えられない」

と話されました。

まぁ、未成年ですし未来を考えると言えない。ということだとは思いますが・・・

京都成章高校の場所は?

問題の野球部のあった高校はこちらになります。
こちらの学校は、1986(昭和61)年に開校した新しい学校のようです。

住所:京都府京都市西京区大枝沓掛町26−11

成章高校野球部は?

ニュースには、春夏合わせて甲子園に5度出場し、1998年の夏の大会で準優勝とあり強豪校なのでしょう。

野球部は、甲子園への出場を目指して日々練習を行っているようで、練習時間を有効に使うために選手主導でミーティングを行ったりメニューを考えたりしているそうです。

週1回のトレーナーによる指導で選手自ら考える力もつきプレーの質も上がっているとのこと。

野球と学習の両立も果たすことができ文武両道で大学への進学時も野球を続けることを目指し努力されているそうです。

監督からのメッセージにはこちらのようにありました。

京都成章高校野球部は「甲子園出場」を目指して日々の練習に取り組んでいます。
ただ「甲子園出場」は目標であって目的ではありません。
高校生として甲子園を目指すことができるのはわずか2年と4ヶ月程です。

この短い期間の中で技術力の向上はもちろんのこと、それ以上に大切にしていることは人間力を高める「人格の形成」です。

高校卒業後、その先を見据えて「人生のレギュラーになる」

このことを究極の目標にしています。
己を磨き仲間を大切にし、ともに甲子園出場を目指してみませんか!

出典:京都成章高校野球部

監督の言葉の中に

「人格の形成」とあります。そして、

「人生のレギュラーになる」ことが究極の目標であり、己を磨きとありますが。

なかなか生徒指導は難しいようですね。

おわりに

若いですしバレなければ盗撮くらい、、という気持ちはわからなくもありません。

しかし、犯罪ですし。

監督の目指す野球を通しての人格形成の道からずれましたが、

若いですし、気持ちを新たに心を入れ替えてこの先を歩んで欲しいと思います。