小松英之 顔画像!自称ドラム演奏家 ひき逃げで逮捕!被害者は重体=江東区亀戸

事件
スポンサーリンク

2月6日午前2時すぎ、江東区の横断歩道を自転車を押して歩いていた男性をひき、そのまま逃げた男が逮捕されました。

場所など事故の状況をまとめました。

スポンサーリンク

江東区ひき逃げ事故の内容は?

東京・江東区で6日、72歳の男性がひき逃げされて意識不明の重体になっている事件で、自称・ドラム演奏家の54歳の男が逮捕されました。 小松英之容疑者は午前2時すぎ、江東区内の路上を車で走行中に横断歩道を自転車を押して歩いていた男性をはね、そのまま逃げた疑いが持たれています。

出典:ANN NEWS

酒に酔った状態で、左折する際に男性をはね逆走して逃げました。

はねられた男性は意識不明の重体です。

小松容疑者は

「事故を起こした記憶はないが、車の状況から事故を起こしたのは間違いない」

と話しているようです。

容疑者プロフィール

名前:小松英之(こまつ ひでゆき)
年齢:54歳
職業:自称・ドラム演奏家

顔画像はこちらになります。

被害者プロフィール

名前:不明
年齢:72歳
性別:男性
職業:不明

江東区ひき逃げ事故の場所は?

江東区亀戸の交差点で事故は起こりました。

見通しもよく、事故など起こりそうもない場所です。

江東区亀戸はこちらになります。

ネットの声は?

◆交通事故による刑罰が軽すぎる。
これは、すべての国民が感じていることです。
危険運転致死傷罪でも、殺人刑よりも軽いです。

◆特に飲酒運転に関しては、無差別殺人と同じですよね。
車は多くの国民が利用する乗り物ですが、走る凶器に変身する
乗り物でもあります。
人間だから確かに過失もあると思いますが、飲酒運転は完全な
凶器準備殺人だと思います。

◆飲酒運転多くなってますね。
どうしたら、減らす方法ないかな?

刑が軽いし、簡単に保釈するし、重罪なっても短くなるし、販売禁止なってないし、酒の関係ある店も増えてるし、飲酒運転は昔から変わってないし、
交通法改正しても変わらない。増える一方。

なぜだろう?

◆深夜も飲酒検問やった方が良い。

◆飲酒運転で事故をおこして、ヤバいと思って逃げた。
事故の記憶はあるはず。

◆改めて 防犯カメラの必要性を感じます !!
必ず アホはいますので 自分の身は自分で守りましょう……

出典:日テレNEWS24

飲酒運転の心理とは?

酒に含まれるアルコールが脳に活動を抑え、以下のようなおかしな考えがでてきます。

・ほんのちょっとだから
・見つからなければよい
・もし、人にぶつかったらとは考えない
・自分は酒に強いからだいじょうぶ

飲酒運転は絶対にあってはならないことです。

しかし無くならない飲酒運転による事を防ぐためには、さらなる厳罰化が必要かもしれません。