こおりん保育園 事故 2歳女児 死亡!事故まとめと再発防止策は?=大分市古国府

事故
スポンサーリンク

悲しいニュースです。

2019年1月24日朝の登園時、大分市古国府のこおりん保育園古国府園の園付近の道路で2歳の女の子が車にひかれ亡くなりました。

母親の運転する車から降りてすぐに、別の車にひかれたようです。

どんな場所で事故が起きたのか再発防止策も含めてまとめました。

 

スポンサーリンク

大分市古国府のこおりん保育園園児死亡事故の内容は?

 

24日朝、大分市の保育園で、母親の車で送られてきた2歳の女の子が車から降りたところ、他の園児の母親の乗用車にはねられて死亡しました。

警察によりますと、24日午前7時半ごろ、大分市古国府にある、こおりん保育園の敷地内にある駐車場近くで、この保育園に通う吉野杏奈ちゃん(2)が乗用車にはねられました。

この事故で杏奈ちゃんは頭を強く打ち、大分市内の病院に運ばれましたが、およそ5時間後に死亡しました。

警察によりますと、杏奈ちゃんは母親が運転する車で保育園に送られてきたところ、他の園児の母親が運転する乗用車にはねられたということです。

現場は保育園の駐車場につながる幅およそ4メートルの道路で、警察は乗用車を運転していた41歳の女性から事情を聴くなどして、事故の詳しい状況を調べています。

出典:NHK

 

轢かれてしまった2歳の吉野杏奈ちゃんは病院へ運ばれた後、5時間後に亡くなってしまいました。

悲しく言葉にすることの難しい事故です。

 

 

事故の発生した場所は?

 

大分市古国府にある、こおりん保育園古国府園はこちらです。

住所:大分県大分市古国府 大字古国府161−5

 

事故現場の画像はこちらです。

見通しは悪くないと思いますが、身長90cm前後の2歳児は運転席から非常に見えづらいです。

轢いてしまった保護者の方も出勤前の忙しい時間ですから、ゆっくり注意してはいられなかったと思います。

 

2歳児の交通事故を防ぐには?

 

2歳になると運動能力も活発になり冒険心も芽生えてきます。

ひとりでなんでもやりたくなるイヤイヤ期でもあります。

何か興味を惹かれるものを見つけると、周りの様子が目に入らず走り出してしまいます。

ひとりで冷静な判断ができる年齢ではありませんから、

車から降ろすときは車を停めてドアを開け子供を降ろしましょう。

外を歩くときもひとり歩きはまだ早いです。
必ず手をつないで歩きましょう。

大丈夫と過信しないことが大切です。

保育園側でも

「園児が車から降りるときは保護者が降ろし、必ず手を繋ぐ」

などのルール化をすることが再発防止に繋がります。

 

ネットの声は?

 

◆いつも思う。
なんで一緒に車から降りないのか⁈
それだけでも十分に防げた事故ではないのか?

◆保育園幼稚園や市の児童施設やらではここでは大丈夫!みたいな変なバイアスが働いてるママがとても多く感じる。施設から子どもが飛び出しても、あれ?いない?でのんびり構えてたりを何回も見た。
安心して地域で子育てしてる表れなのかもだけど、そのエリアがバリアで護られてるわけじゃないからほんと気をつけてほしい。

◆先に子どもが一人で降りるのは危険だし、結果、こうなります。
チャイルドロックはなかったか、してなかったのでしょう。今の車は簡単に開くし、普段から、そうしてたのかもしれない。
うちの子どもが通ってた幼稚園では、子どもを一人で車から降ろして園に行くのを禁止していました。
駐車場での井戸端会議も禁止されていました。
幼稚園や保育園ではそういうルールを徹底すべきだと思います。

◆家の目の前に保育園の駐車場があります。保育園は4軒隣。
駐車場から園まで歩く親子を毎日見かけるけど手を繋いでる親子はほぼおらず、子どもが親の前を走ってたり、親のはるか後ろで駄々をこねてしゃがんでたり、トラックが多く通るのに危ないなといつも思ってます。
荷物が多くて手が繋ぎにくいとか、子どもが手を繋ぎたがらないとか色々事情はあるだろうけど、子どもの命とどっちが大事なのって思います。

◆保育園で働いています。そして、小さな子どももいます。他人事ではない事故がおきてしまいました。
今回の事故の詳しい状況はわかりません。
でも、私が働く園でも、駐車場や園のまわりの道路を子どもが1人で駆けだす事があるので保護者には必ず手をつなぐように何度となく注意しています。子ども1人なら、2歳のお子さんですし、1人で駆け出さないように母親が気をつける事は充分に出来ます。
でも兄弟がいたり、お昼寝の布団を持っていたりするとそれも大変な場合もあります。
登園の混み合う時間には保育士が道路に立つようにしています。兄弟が沢山いる方は、保育士が園に入るまでのフォローをします。保育士不足で、なかなか見守りを置く余裕もないのが実情ではあると思います。
亡くなった女の子も親御さんも、車を運転していた方も、本当に気の毒でなりません。

 

おわりに

 

大人が注意することで防げた事故です。
2度と同じような事故が起こらないようにしましょう。

亡くなられた杏奈ちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。