大阪府枚方市ミニバイク死亡事故!場所は?事件か事故か 男性のヘルメットが割れた理由は?

事件
スポンサーリンク

2019年1月27日未明に大阪府枚方市でミニバイクに乗った男性が死亡した情報が入ってきました。

事件か事故か両面から警察では捜査を進めているようです。

なぜ事故の可能性も考えているのかも含め情報をまとめました。

 

スポンサーリンク

大阪府枚方市ミニバイク死亡事故・事件の内容は?

 

27日未明、大阪府枚方市でミニバイクに乗った男性が死亡しました。

警察は事件と事故の両面で捜査しています。

記者リポート
「現場は急な傾斜の道路で車通りの少ない場所です。
原付がこのあたりに、乗っていた男性は10mほど離れたこのあたりに飛ばされていたということです」

27日午前1時45分ごろ、通行人の男性から「路上に人が倒れている」と消防に通報がありました。

倒れていた男性は、近くに住む奥田清人さん(55)でかぶっていたヘルメットが割れていて、病院に運ばれましたがその後死亡が確認されました。

近くの防犯カメラの映像から、通報の約40分前に奥田さんは現場を通りかかったとみられます。

警察は、目撃情報を募る看板を設置するなどして事件と事故の両面で調べを進めています。

出典:関西テレビ

急な坂の途中、上の方にバイクが転倒し10mほど坂の下の方に奥田さんが転倒していたようです。

奥田さんの被っていたヘルメットは割れていたそうです。

 

大阪府枚方市ミニバイク死亡事故・事件の場所は?

 

現場の正確な場所は現在わかっておりません。

 

事故の発生した現場の写真はこちらです。

坂の上の〇の付近にバイク、下の方の〇の付近に奥田さんが倒れていたようです。
10mほどあったそうですから結構離れています。

出典:FNN PRIME

 

事故の可能性とは?

 

坂道を登っていたのか下っていたのか現場の状況がはっきりしませんが辺りに何も衝突するようなものがないことが画像からわかります。
仮に塀へ突っ込んで倒れたとしたらバイクの近くに倒れることになったのではないでしょうか。

10mほど離れた場所で倒れていたことが発見されたと聞き一番に頭をかすめたのは、ひき逃げです。
轢いた人を引きづったまた走り離れた場所に倒れている事故は発生しています。

発見された時間が夜中であることから、細い坂道ではあるもののスピードを出した注意不足の車が奥田さんとぶつかったのではないかと思います。
注意不足なことと時間を考えると飲酒運転ではないかとも思われます。

ヘルメットにも耐久年数がありますが、例え耐用年数を過ぎていても少々落としたくらいでは割れるとは考えられません。

・バイクと奥田さんが10mほど離れていた
・ヘルメットが割れていた
・深夜の事故

この3点から飲酒運転のひき逃げ事件ではないかと思われます。

 

ヘルメットの耐用年数とは?

 

ヘルメットの耐用年数には明確な線引きがあります。

長く使っても5年までと思ったよりも短いかもしれません。

材質 廃棄・交換規準
ABS、PC、PE製(熱可塑性樹脂)異常が認められなくても3年以内
FRP製(熱硬化性樹脂) 異常が認められなくても5年以内
装着体 異常が認められなくても1年以内

 

出典:一般社団法人日本ヘルメット工業会(JHMA)

 

事故の原因解明を望む

 

事件・事故どちらの可能性もありました。

奥田さんに非はないように思いますが、1日も早い原因解明を望みます。

奥田さんのご冥福をお祈り致します。