大嶺翔太 恐喝 逮捕(元ロッテ)!2018年引退の理由から今回事件の流れについてまとめ

事件
スポンサーリンク

2月13日、元ロッテ選手の大嶺翔太容疑者が知人男性から複数にわたり現金を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂の疑いで逮捕されました。

今回の恐喝事件と関係のありそうな引退についてから流れをまとめました。

スポンサーリンク

大嶺翔太容疑者恐喝事件の内容は?

 警視庁巣鴨署は13日、男性(34)から現金を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂の疑いで、元プロ野球選手でロッテに所属していた無職大嶺翔太容疑者(27)=横浜市青葉区荏田町=を逮捕した。

逮捕容疑は昨年11月ごろ、男性の携帯電話に金銭を要求するメールを数回にわたって送った上、応じなければ危害を加えるなどと脅した疑い。

大嶺容疑者は2010年に沖縄・八重山商工高からドラフト3位で入団。通算196試合に出場し、昨年引退した。

出典:KYODO

2018年6月23日引退時から今回の流れ

今回恐喝で逮捕されましたが、2018年6月23日に引退をした理由が金銭問題でした。
その辺りの流れから今回の恐喝につながっていると思われるため、事件を振り返ってみます。

ロッテは23日、大嶺翔太内野手(26)から、金銭トラブルが発生したことから任意引退の申し入れがあり、受理したと発表した。

大嶺翔は球団を通じ「今回、自分のプライベートな部分でいろいろな方にお金を借りて返せないという金銭トラブルが発生し、多くの方にご迷惑をおかけしてしまったことを深くおわび申し上げます。こんな自分を応援していただいたファンの皆様、そして期待をかけていただいた井口監督、再三、注意と指導をしてくださった球団の皆様の思いを裏切る形となってしまい大変申し訳ありません。全ては自分のプロ野球選手としての自覚のなさから出たものだと思います。これを受けて、今、自分に出来ることは環境を変え、気持ちを入れ直すことだと決断しました」とコメントを発表した。

林球団本部長は「お金の状況というよりも、本人の環境を変えて一からやり直したいという思いの強さが一番のポイントだったと思う。(球団側も)指導力不足だったのではと反省している。こういうことがないよう(選手の)教育、指導をこれまで以上に強化していきたい」と話した。

出典:日刊スポーツ

2018年引退時の金銭トラブルの話

2018年6月23日、借金による金銭トラブルで千葉ロッテを突然引退していた大嶺容疑者。

当時、借金は数百万円ほどあったようです。
当時の年俸は1000万円はあり、今後のポテンシャルも高いとして年俸アップも予想されていたのに引退の理由が分からないとされていました。

しかし、当時の借金問題は初めてではなく、2015年末~2016年初のあたりに、複数の債権者が球団に取り立てに来ていたほどで、後輩にお金を借りてもいたようです。

また、同じロッテに在籍した兄・裕太のグラブやチームメイトの野球道具などをメルカリやヤクオフなどのインターネットオークションに出品していたことも発覚していました。

後に発覚した引退の本当理由は

そのとき借金があったそうえ、理由は給料の差し押さえがあり税金が払えなくなったからのようです。
急に給料があがったことによる税金増、しかし払えなくなったが生活水準は上げてしまったためにお金がなくなった、ということのようです。

税金が払えなかったときにグレーなところから借りた、という話があります。
一旦は返済し、その後も野球をがんばればという甘い考えもあったようです。

チーム内でのお金のやり取りは禁じられているそうですが、後輩にもお金を借りたことや、個人の方いも200万円以上のお金を借り、最後は球団に知られ迷惑をかけたため引退をしたということでした。

大嶺翔太プロフィール

名前:大嶺翔太(おおみね しょうた)
出身地:沖縄県石垣市
生年月日:1991年9月17日(27歳)
身長:180cm
体重:82kg
在住:横浜市青葉区荏田町
生い立ち:幼少の頃に両親が離婚し、兄とともに祖父母に育てられた

大嶺容疑者は、沖縄県石垣市出身の元プロ野球選手(内野手)です。右投右打で千葉ロッテマリーンズに所属していました。
同じくロッテに所属する大嶺祐太は実のお兄さんです。

プロ1年目の2010年から2013年までの登録名は「翔太」 として活躍していました。

おわりに

引退後、前向きに生きて行くつもりだったようですが野球を辞めたことでお金がなくなってしまったのではないでしょうか。

1度上げてしまった生活の維持どころか、最低限の生活すらできなかった可能性もあります。