名古屋市職員 万引き 樋口俊光 顔画像は?万引きの理由は障害?

事件
スポンサーリンク

2月5日夜、名古屋市職員が万引きで逮捕されました。

盗んだものは、マンガの単行本2冊と950円相当のものです。

容疑者の男は41歳です、一体どうしちゃったのでしょうか?

Facebookのアカウントがありました、事件の内容をまとめました。

スポンサーリンク

名古屋市職員万引きの内容は?

服からマンガ本がポトリ。
名古屋市の職員が逮捕されました。

名古屋市地域振興課の主査、樋口俊光容疑者(41)は、5日夜、名古屋市中区のコンビニで、マンガの単行本2冊、950円相当を盗んだ疑いがもたれています。

樋口容疑者の行動を不審に思った店の経営者が声をかけると、逃げようとして、服の中からマンガ本2冊を床に落としたため、経営者が捕まえ、警察に引き渡しました。

樋口容疑者は、容疑を否認しているということで、名古屋市は、事実確認をしたうえで厳正に対処するとしています。

出典:CBCテレビ

不審な行動に気が付いた経営者が声をかけると、逃げようとしたようです。

そのさい、服の中からマンガ本2冊を床に落としたそうです。

何とも間抜けです…。

容疑者プロフィール

名前:樋口俊光(ひぐち としみつ)
年齢:41歳
職業:公務員・名古屋市地域振興課の主査

Facebookのアカウントはこちらです。

顔画像等、写真類は一切ありませんが勤務先が名古屋市役所になっています。

名古屋市職員万引きのコンビニは?

名古屋市中区はこのあたりになります。

中区は名古屋市の中心部でコンビニは20軒以上あります。
現在どこのコンビニか特定には至っておりません。

勤務先の名古屋市役所の場所は?

住所:愛知県名古屋市中区三の丸3丁目1−1

万引きをした中区と同じですので、帰宅途中に寄ったコンビニだったのでしょうか。

万引きをする心理は?

買えない金額のものではなく、買えるのにわざわざ盗んだのには何か理由があるのでしょうか?

窃盗は、窃盗症といわれる精神障害の場合があるようです。

盗んだ本の隠し方も初めてとは思えず、癖のようになっているのではないかと思われます。

窃盗症(せっとうしょう、英: Kleptomaniaクレプトマニア)とは、経済的利得を得るなど一見して他人に理解できる理由ではなく、窃盗自体の衝動により、反復的に実行してしまう症状で、精神障害の一種である。病的窃盗ともいう。

出典:Wikipedia

ネットの声は?

・この職員は窃盗症だと思います。マンガ本を2冊ぐらいのお金はある。しかし盗んでしまう。
心の病気です。名古屋市も理解してあげてください。

 

・こんな事で全てがパーになるなんて…

それほど欲しかった漫画とはなんだよ。