相模川河川敷 猫毒殺 犯人の顔画像は?場所は?毒は?情報まとめ!=相模原市

事件
スポンサーリンク

2018年11月、ネコが嫌いだという男が相模原市の河川敷でキャットフードに殺虫剤を混ぜネコを殺しました。

男はネット掲示板にネコを毒エサで殺したと書き込んだことで犯行がバレました。

絶対に許されない事件です。

事件の内容をまとめました。

スポンサーリンク

相模川河川敷ネコ毒殺事件の内容は?

 去年11月、神奈川県相模原市の河川敷などでネコの死骸が相次いで見つかった事件で、殺虫剤を混ぜたキャットフードを食べさせ中毒死させたとして、無職の男が書類送検されました。

動物愛護法違反の疑いで書類送検されたのは、相模原市緑区に住む無職の29歳の男です。男は去年11月、相模原市中央区の相模川の河川敷に殺虫剤を混ぜたキャットフードを置き、ネコ3匹に食べさせて中毒死させた疑いが持たれています。

事件のあと、男がインターネットの掲示板に「ネコを毒エサで殺した」と書き込んだことなどから関与が浮上しました。取り調べに対し、男は「ネコが嫌いだった」と容疑を認めています。

周辺では、この他にも駐車場などでネコの死骸が見つかっていました。(25日10:52)

出典:TBSNEWS

2018.11.28 19:44の産経新聞にはこちらのようにありました。

相模原市中央区田名の相模川河川敷で、18日と25日に猫の死骸が計5体発見された。死骸の付近に散らばっていたキャットフードには、明らかに色が異なる粉末が混ざっていた。
出典:産経新聞

事件の内容まとめ

・2018年11額、相模原市中央区の相模川河川敷でネコに殺虫剤入りキャットフードを食べさせる
・猫は3匹亡くなった(5匹?)
・インターネット掲示板に「ネコを毒エサで殺した」と書き込み、これをきっかけに犯人が浮上した

男は
「ネコが嫌いだった」

と話したようです。

「以前勤めていた職場の人間関係にストレスを感じ、はけ口として猫を殺した」

出典:NHK

との供述もあります。

こちらがネコに与えられた毒入りエサです。
キャットフードに明らかにおかしな色のものが混ぜられています。


出典:産経新聞

容疑者プロフィール

名前:不明
年齢:29歳
職業:無職
在住:相模原市緑区
容疑:動物愛護法違反の疑い

現在、名前も顔画像も公開されておりません。

神奈川県相模原市の河川敷の場所は?

相模川の河川敷はこちらになります。

地図上では中央を縦に走る川が相模川になります。

ネットの声は?

こんな人は毒飯食べて同じように死んで欲しい。動物虐待も無理なブリーダーも日本はもっと厳しい処罰を与えて欲しい。

じゃあ、私もこの犯人が嫌いだから殺虫剤の入った食事を食べて欲しい。

本人も毒殺してやって

こんな人間ほっとくと、次は女性か子供に危害加えるから隔離した方が良い。

人間にもこういったことをする予備軍かもしれないので、世間から隔離してほしいです。

容疑を認めているなら実名報道しても良いんじゃないか、いつも否認してるにも関わらず実名報道するのにな。

こういう奴が、未来の重大犯罪者の卵だと思う。早いうちに芽を摘むべく、厳罰に処すべし。

名前出してよ
日本は動物に対する法をなぜ変えないのか
変えるにはどうしたらいいのだろう
外国とは違いすぎるし遅れすぎ
糸井さんのテレビを見て痛感した
医療費の負担や虐待、ネグレクトは犯罪だし
実刑にしてほしい。動物達を救う組織を
作って欲しい

実名報道すべきでしょう。なんの配慮ですか?

顔出ししてほしい。
日本の法律が甘すぎる!

出典:TBSNEWS

おわりに

自分より弱いネコにしか向かっていくことができない弱くでダサい人間ですね。

明らかにこの容疑者のしていることは間違っていますよね。

実名報道、顔画像は必要ですし、罪も重くすべきでしょう。

何も知らずに死んでいったネコたちが可哀そうでなりません。