松倉悦郎 認知症だった!認知症の症状や身内が車にキズつけた時の対応策など

事件
スポンサーリンク

元フジテレビのアナウンサーで、現在お寺の住職を務めている松倉悦郎容疑者が、他人の車にわざと傷をつけたことで逮捕されました。

2月8日以降、近隣では50台以上の車が傷をつけられ、警戒をしていたところに現行犯で逮捕された事件の理由がわかりました。

3年前ほどから認知症で症状が進んでいたようです。

スポンサーリンク

松倉悦郎 車にキズ事件の内容は?

近所の住宅敷地内の車に鍵で傷をつけたとして、器物損壊の疑いで、元フジテレビアナウンサーで善教寺(兵庫県姫路市西大寿台)住職結城思聞容疑者(73)が逮捕された事件で、結城容疑者が3年ほど前から認知症となり、最近は症状が進んでいたことが関係者への取材で分かった。

また、結城容疑者は接見した弁護士に「自分が何をやったかよく分からない」などと話したという。

逮捕容疑は11日午後0時55分ごろ、同寺近くの民家駐車場に駐車されていた乗用車のボンネットに、持っていた鍵を使って長さ約30センチの傷をつけた疑い。

出典:神戸新聞

犯行内容

・鍵で車のボンネットに長さ30cmほどの線状の傷をつけた

・他に50台ほどの車に傷をつけた可能性がある

・「車を傷つけました、しょうもないことをやった」
  と容疑を認めてもいたようですが、
・「自分が何をやったかわからない」
  とも話したようです。

 

容疑者プロフィール

名前:松倉悦郎(まつくら えつろう)
僧侶名:結城思聞(ゆうき しもん)
年齢:73歳
在住:同県姫路市西大寿台
出身:埼玉県
学歴:早稲田中学校・高等学校を経て早稲田大学第一文学部
職歴:1968年にフジテレビ入社し2002年退社、同年、善教寺の住職に

Twitterはこちらになります。

顔画像はこちらです。

 

松倉悦郎 車キズつけ事件の場所は?

姫路独協大学から住職を務める善教寺までの約500メートルのエリアということで、この道すがら一帯だと思われます。

 

松倉容疑者が住職を務めていた善教寺の場所はこちらになります。

住所:兵庫県姫路市西大寿台4−6

ストリートビューでは少しわかりづらいため、こちらの航空写真をご覧ください。

地図上ではこちらになります。

認知症の症状は?

認知症とは、何かの病気によっておこる症状や状態のことをいいます。

認知症は3つに分けられます。

・アルツハイマー型認知症
・レビー小体型認知症
・血管性認知症

老化による物忘れと認知症は違います。

一番多いとされるアルツハイマー型認知症の症状を説明します。

・体験全体を忘れる
・新しい出来事を記憶できない
・ヒントがあっても思い出せない
・時間や場所などの認識が混乱
・日常生活に支障がある
・1人で歩き回る
・怒りっぽくなる
・話している言葉が理解できない
・判断力が低下する
・暴力行為、イライラ、興奮

など、沢山の症状が現れます。

身内が車にキズをつけたら?

実際今回のように認知症の方が他人の車をキズつける事件も発生しているようです。

責任能力が低いために事件はおおごとになることはなく、身内がお金で解決をすることが多いようです。

車をキズつけるなどこちら側の落ち度に対し、賠償金をふっかけてくるケースもあるようですが、その場合は弁護士さんに仲介を依頼するのがいいようです。

おわりに

家族が認知症になってしまったら・・・

そう考えると人ごとではなく心配になります。

現在、筆者の住む地域では毎日のように市内放送が入り、認知症らしき高齢者が行方不明になっているアナウンスが入ります・・・。

今回、松倉さんが警察に捕まりよかったとしか言えません。