西村大樹 容疑者 顔画像?(警察官)強制わいせつ罪とはどんな罪になる?

事件
スポンサーリンク

2月28日午後11時半ごろ、和歌山市内の自宅で20代の女性の胸を触るなどのわいせつ行為をしたとして、和歌山県の警察官が逮捕されました。

相手の女性が20代でも逮捕されるのでしょうか?

女性は「家に連れ込まれた」と近くの住宅に逃げたようですが、
担ぎ込まれでもしたのでしょうか?

事件の内容をまとめました。

スポンサーリンク

和歌山県警察官わいせつ行為事件の内容は?

和歌山県警の警察官の男が携帯電話のアプリで知り合った女性にわいせつな行為をした疑いで逮捕されました。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、和歌山東警察署留置管理課の巡査長・西村大樹容疑者(27)です。

西村容疑者は2月28日午後11時半ごろ、和歌山市内の自宅で、20代の女性の胸を触るなどわいせつな行為をした疑いが持たれています。

警察によると2人は携帯電話のアプリを通じて知り合い、28日に初めて会ったということです。女性は近くの住宅に逃げこみ、「家に連れ込まれた」と助けを求めて110番通報しました。

調べに対し、西村容疑者は「自分の性欲を満たすために無理に胸を触りました」と容疑を認めています。和歌山県警の徳田太志首席監察官は、「捜査結果を待ち厳正に対処いたします」とコメントしています。

出典:カンテレ

事件の内容まとめ

・警察官の男と女性は携帯アプリで知り合った
・事件当日に初めて会った
・女性を家に連れ込んだ
・服の中に手を入れ下着の上から胸を触った
・女性は嫌がり近くの住宅へ逃げ込んだ

容疑者は
「自分の性欲を満たすために無理に胸を触りました」
と話しているようです。

和歌山県警首席監察官は、
「捜査結果を待ち厳正に対処いたします」
とコメントされています。

無理に胸を触ったため、強制わいせつの疑いとなっています。

容疑者プロフィール

名前:西村大樹
年齢:27歳
職業:和歌山東警察署留置管理課
役職:巡査長
在住:和歌山市内
容疑:強制わいせつの疑い

顔画像は公開されておりません。
Facebookも確認しましたが本人の確定ができませんでした。
公開されましたらこちらでも掲載いたします。

被害者プロフィール

名前:不明
性別:女性
年齢:20代
職業:不明
在住:不明

職場の和歌山東警察署は?

和歌山県東警察署はこちらになります。

住所:和歌山県和歌山市栗栖686−7

強制わいせつ罪とは?

強制わいせつ罪が少しわかりずらいため整理しますね。

わいせつな行為とは、被害者が性的羞恥心を害する行為の事を差し、
今回のような胸を触ることやキスなども該当します。

そして年齢も関係し、13歳以下なら該当、13歳以上なら暴行や脅迫があれば該当となります。

この暴行・脅迫は、被害者の反抗を著しく困難にする程度のもので、これは当事者にしかわからないことで、強制わいせつ罪における最も重要な証拠は被害者の証言となります。

しかし、罪が決まるのは被害者の証言のみでなく、関係性や知り合った期間や経緯、状況など事情で精査されるそうです。

また強制わいせつ罪は、6月以上10年以下の有期懲役という重大犯罪となります。

13歳以上の男女に対し,暴行または脅迫を加えてわいせつ行為をする罪
(刑法176条前段,刑は6ヵ月以上7年以下の懲役)。

人の性的自由を侵害する罪である。
暴行・脅迫は相手方の反抗を著しく困難にする程度のものであることを必要とする。
わいせつ行為とは姦淫(性交)以外の性的行為をいい,このため,その対象は女性に限られない。

13歳未満の男女に対するわいせつ行為は,青少年の性的保護の見地から,手段としての暴行・脅迫の有無を問わず本罪が成立する(176条後段)。

出典:コトバンク

今回の場合、女性の証言が鍵になりそうですね。

ネットの声は?

毎回思うけど、会う女性もリスク考えられないかな?

 

まあ不起訴だろうな
裁判官がいちいちなぜ部屋に入ったのか
合意は求められなかったのか
別室へいつでも逃げられると理解していたのか

んなの税金の無駄

 

携帯アプリで知り合ってその日に相手の家に入るって・・・
それもあまりに無警戒で不用心だと思います。

示談金目当ての、ネット利用の美人局も多いようなんで、皆さん注意しましょう。

何故初めて会った男の家に行ったのか。20代半ばの女を連れ込んだとしても犯罪者にされるリスクがあるんだな。男と女なんてある程度強引に『事』を始めないと結婚も出来なくなるのにな。日本国はますます結婚出来ない若者が多くなってしまうな。

出典:KYODO

おわりに

今回の事件は相手の女性のことも詳しく知りたいところですね。

男女の恋や結婚に正確な合意を必要とするなら、とっても面倒くさくてしたくないものになりそうな気がしてしまいますね。