野久尾真代 顔画像は?虐待でサンドバック状態か?全身100ヶ所キズは酷すぎる!

事件
スポンサーリンク

鹿児島県いちき串木野市の女が4歳だった娘に暴行を加え逮捕されました。

保護された娘は、全身に100ヶ所以上のキズがあるようです。

サンドバック状態なのか・・・

あまりに可哀想な事件です。

事件の内容をまとめました。

スポンサーリンク

いちき串木野市虐待事件の内容は?

娘に暴行を加え、けがを負わせたとして傷害容疑で母親(29)が逮捕された事件で、娘の全身に傷のような痕が約100カ所あることが18日、鹿児島県警いちき串木野署への取材で分かった。署は日常的に虐待を繰り返していた可能性があるとみて調べる。

署によると、逮捕されたのは鹿児島県いちき串木野市の野久尾(のくお)真代容疑者。暴行を受けたのは長女(5)で、現在は県内の施設に保護されている。

野久尾容疑者の逮捕容疑は、長女が4歳だった1月14日から同22日ごろにかけて、腰などの皮膚が剥がれるけがをさせたり、頭に打撲傷を負わせたりしたとしている。署によると、傷痕ができた経緯は不明で、野久尾容疑者は容疑を否認しているという。

出典:産経新聞

事件の内容まとめ

・娘に暴行、けが
・娘の全身に100ヶ所以上の傷跡がある
・腰など皮膚がはがれるけが、頭に打撲キズ
・日常的に虐待か?調査中
・野久尾容疑者は否認中

容疑者プロフィール

名前:野久尾真代(のくお まよ)
年齢:29歳
在住:鹿児島県いちき串木野市
職業:水産加工会社のアルバイト従業員
容疑:暴行
現在、顔画像の特定はされておりません。
公表されましたらこちらにも記載致します。

被害者プロフール

名前:不明・長女
年齢:5歳
在住:鹿児島県いちき串木野市
状態:全身に傷のような痕が約100カ所ある

いちき串木野市虐待事件の場所は?

虐待の原因は?

娘さんの体に100ヶ所以上のキズがあったとのこと。
これは日常的に虐待を行っていた動かぬ証拠であり、ストレス発散の方法として虐待をしていたのではないでしょうか?

キズだらけの体は、サンドバックのように憂さ晴らしに使われていたようにも感じます。

そして夫の報道も現在ないところから、シングルでの出産か離婚をしたのか、不幸な身の上でありそうな気配を感じます。

自分がやられたらどう思うか?も全くわからず人間や動物などの生き物ではないことがわかります。

ネットの声は?

 

100以上の傷。この親子に一体何があったのか、胸が痛い。保護された子供の、その後のケア。
一時保護されてからの施設内での生活。ネットでの情報では、すべてではないが施設内でも虐待、施設内での子供の生活などが問題視されている。
子供たちが安全、安心に生活できるように。
子供からのSOS 大人からのSOS。どうか発信して、命を守ってほしい。

強かな母親。100カ所の傷跡があるとは何とも悲しい事件。

見苦しい言い訳!この鬼畜母親も同じように傷つけられたらいい!

おわりに

どのような経緯で今回の虐待が発覚したのかわからないものの、大事に至る前に保護されて本当に良かったと思います。

虐待騒動は発覚から保護までの時間もスピーディーになり、大切な命が守られていること、悲しい幼少期を過ごす子どもが少なくなることが非常に嬉しく感じます。