甲府市 荒川ダム 集団自殺か(練炭)?場所や練炭自殺の内容とは?

事件
スポンサーリンク

2月13日午前10時20分ころ、甲府市の荒川ダムの広場でテントの中に4人の遺体が見つかりました。

4人は練炭を囲み、集団自殺をしたのではないか?と警察がいきさつを調べています。

事件のあった場所や練炭についてまとめました。

スポンサーリンク

荒川ダム集団自殺事件の内容は?

13日午前、山梨県甲府市の荒川ダムの広場で、テントの中から男女4人の遺体が見つかりました。
テントからは練炭が見つかり、警察は集団で自殺した可能性があるとみて調べています。
13日午前10時20分頃、山梨県甲府市川窪町にある荒川ダムの広場で、アウトドア用のテントの中で複数の人が倒れているのを、ダムの管理事務所の職員が見つけ通報しました。
「テントの中はすすのようなもので真っ黒な状態で、4人が毛布をかけて寝ていた」(通報したダム管理事務所の職員)。
警察で調べたところ、倒れていたのは北海道と埼玉、千葉、和歌山の20代から50代の男女4人とみられていて、その場で死亡が確認されました。
警察によりますと、テント内の中央で燃やされた2つの練炭がみつかり、4人は練炭を囲むように倒れていたということです。
また近くの路上に愛知県豊橋ナンバーのレンタカーが止まっていました。
荒川ダムの管理事務所の職員が、12日午後4時過ぎに事務所からおよそ200メートル東にある広場でテントを張っているグループを目撃していますが、この周辺では1年を通じキャンプをする人はほとんどいないということです。
このため警察は集団で自殺した可能性があるとみて、4人の関係や死亡したいきさつを調べています。

出典:UTY

死亡した方は?

全国各地の4人です。
近くの路上に愛知県豊橋ナンバーのレンタカーが停まっていたようです。

・北海道の30代男性
・埼玉の50代女性
・千葉の20代男性
・和歌山の20代男性

どんな関係性があったのでしょうか。

山梨県甲府市の荒川ダムの広場の場所は?

テントの発見された現場の様子はこちらです。

ダムの地図はこちらになります。

広場はこちらの展望広場になります。

航空写真はこちらです、人気(ひとけ)のない様子がうかがえます。

ネットでは、このあたりはただでさえ幽霊がでるのに…という声があります。

練炭自殺とは?

練炭自殺のニュースがありますが詳しく知らなかったため調べてみました。

練炭とはこちらです。

そして練炭に火をつけ七輪にいれて使います。

本来の使い方は、火器や暖をとるためのものです。

練炭自殺は、個室など空気が入らない場所で練炭を焚き一酸化炭素中毒で死ぬものです。

意識がはっきりしたうちに一酸化炭素中毒を起こすと、頭痛・吐き気・耳鳴り・めまいを起こすようです。

それを防ぐために睡眠薬や酒を使い起きない状態にして眠るように亡くなる、もののようです。

おわりに

今回亡くなった4人は関係性があったのでしょうか。
4人のご冥福をお祈りいたします。