さいたま市桜区殺人事件 妻 死亡!高齢夫婦に何が?場所 情報まとめ!

事件
スポンサーリンク

1月27火午後10時ごろ、さいたま市桜区にて83歳の夫が妻を殺害するというニュースが入ってきました。

高齢者夫婦の物騒な事件が続いています。

場所や犯行の理由など情報をまとめました。

 

スポンサーリンク

さいたま市桜区妻殺人事件の内容は?

 

さいたま市で83歳の夫が妻を刃物で切り付けるなどして、殺人未遂の疑いで逮捕されました。妻は病院で死亡が確認されました。 無職の島崎重次郎容疑者は27日午後10時ごろ、さいたま市桜区の自宅で妻の和子さん(83)を刃物で刺して殺害しようとした疑いが持たれています。

出典:ANNニュース

 

島崎容疑者は犯行後

「妻を切ってしまった」

と近所の家にかけこみ、その方が通報をしたそうです。

上半身に複数の切り傷や刺し傷があり
和子さんは布団の上で首から血を流していたようです。
和子さんは搬送先の病院で死亡しました。

犯行の理由は、重次郎さんのお姉さんの介護をしていたことを妻の和子さんが文句を言ったからだそう。

「親族のことで文句を言われ頭にきた」

と供述しているそうで腹が立ち犯行に及んだようです。

 

容疑者プロフィール

名前:島崎重次郎(しまざき しげじろう)
年齢:83歳
性別:男性
在住:さいたま市桜区西堀7丁目
職業:無職

 

被害者プロフィール

被害者:島崎和子(しまざき かずこ)
年齢:83歳
性別:女性
在住:さいたま市桜区西堀7丁目
島崎重次郎の妻

 

さいたま市桜区妻殺人事件の場所は?

さいたま市桜区西堀7丁目はこちらになります。
住宅街の一角で事件は発生しました。

 

家の画像はこちらです。普通の一軒家で事件は起こりました。

 

犯行の本当の理由は?

 

今回、介護疲れを起こしていた夫が妻を殺めた事件と感じました。

高齢になるとちょっとしたことでも切れやすくなってきますが、そこに妻に文句言われカッとなってしまったのではないでしょうか。
妻はお姉さんの介護にかかりっきりであり自分の家のことをしてくれない、ことに対する文句ではなかったのかと思います。

高齢者2人きりの生活で恐らく年金暮らしと考えると、生活にも余裕がなく閉鎖的な生活を送っているように見えます。
こらえられなくなった思考回路の中で、突然プツンと糸が切れたようになり密室の中でのトラブルは突然起こる。

そうではないかと思われます。

妻・和子さんが亡くなってしまったいま、真相は闇の中となってしまいましたが、高齢者夫婦への心のケアや老々介護問題など問題が山積している中での1事件ではないかと思います。

和子さんのご冥福をお祈り申し上げます。