菅沼病院(飯田市)火事 !1人遺体で見つかる 場所は?情報まとめ

火災
スポンサーリンク

2月14日未明、長野県飯田市の病院の一室から火がでて1人が亡くなりました。

原因は一体なんでしょうか?

火災の内容をまとめました。

スポンサーリンク

飯田市菅沼病院火事の内容は?

きょう未明、飯田市の病院の一室から火が出て1人が遺体で見つかりました。
午前4時20分ごろ飯田市鼎中平の菅沼病院の介護療養病棟から火が出たと、関係者から消防に通報がありました。
火はおよそ40分後に消し止められましたが2階の個室およそ10平方メートルが焼け、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
菅沼哲夫院長によりますとこの部屋には足が不自由で寝たきりの97歳の女性が入院していて、菅沼院長は電気毛布から火が出たと話しています。
病院にはほかに27人の入院患者がいましたが、逃げ出して無事でした。
警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに詳しい状況を調べています。

出典:SBC信越放送

火事内容のまとめ

・看護療養病棟から火災
・2階の個室10平方メートルが焼け、1人の遺体
・電気毛布から火災か?
・27人の入院患者は逃げて無事

菅沼病院の場所は?

住所:長野県飯田市鼎中平(かなえなかだいら)1970

こちらが病院の外観になります。

地図上ではこちらです。

菅原病院とは?

地域に密着した病院で、診療科目も多く患者さんに近いことが売りのようです。

モットーはこちらです。

菅沼病院は、開院いらい40年間、地域のかかりつけ医として、温もりとやすらぎのある医療を原点に、地域の皆様の幅広い御要望にお答えできる医療機関を目指しています。

出典:菅原病院

診療科目:内科小児科消化器内科・内視鏡科リハビリ科腰痛・頭痛外来
病床数:32床

病床数が32で避難した方が29人で満床かほぼ満床だったのかもしれません。

電気毛布で火事?


出典:アイリスオーヤマ

電気毛布は基本的に電気を流しっぱなしで使うものですから基本的には火事が発生することはないようです。
しかし、電気プラグやコードが劣化していたり破損していると、
火事が発生する可能性もあります。

電化製品は劣化やプラグにほこりが溜まるなどの状態で火災が発生することがあります。

注意しながら使用することが必要です。