千葉県旭市 富浦小学校 小1女子の口にガムテープ!理由は?情報まとめ!

事件
スポンサーリンク

2月1日、千葉県旭市の市立富浦小学校で1年生担当の女性の先生が、女の子の口もガムテープでふさぎ担任の交代をしたと保護者へ通知したようです。

ガムテープで口をふさぐとは、一体何があったのでしょうか?

事件の内容をまとめました。

スポンサーリンク

旭市立富浦小学校の事件の内容は?

千葉県旭市の小学校で教諭が担任する女子児童の口をガムテープでふさいだ問題で、学校が担任を交代させたことが1日、市教委などへの取材で分かった。学校は同日、全校保護者会を開いて説明した。

交代したのは、市立富浦小で1年生を担任していた女性教諭。1月16日に女児の口をガムテープでふさいだ。学校は同31日、1年生の保護者へ担任交代を文書で通知した。

市教委は“いき過ぎた指導”と認識しているが、学校教育課の臼倉浩管理主事は「保護者の意向もあり詳細は差し控える」とし、経緯を明らかにしていない。県教委は市教委からの正式な報告を受けて教諭の処分を検討する。

出典:千葉日報オンライン

1月16に小学校1年生の女の子の口をガムテープでふさぎ、1月末までで担任変更となったようです。

市の教育委員会はいき過ぎた指導と認識しているが

「保護者の意向もあり詳細は差し控える」とのことのようです。

処分はこれから決まるようです。

旭市立富浦小学校の事件の場所は?

住所: 千葉県旭市中谷里3383−2

海に近く海抜6.0mの場所にあるようです。

 

学校の外観はこちらです。

出典:富浦小学校ホームページ

旭市立富浦小学校はどんな学校?

平成30年と去年の目標ですが、このようにありました。

学校教育目標が以下の内容です。

学校教育目標
自ら考え、 心豊かでたくましい子どもの育成

そして、めざす児童像がありました。
これはいたって普通でした。

そして、めざす学校像がこちらです。

めざす学校像
(1)児童一人一人が大切にされ、個性が輝く学校
(2)さわやかな挨拶と笑顔があふれる学校
(3)安全・安心で、地域に開かれた学校

めざす教職員像もありました。

めざす教職員像
(1)明朗快活で、何事にも情熱を傾ける教職員(情熱)
(2)自分の得意分野を生かすと共に、互いに高めあう教職員(協働)
(3)研修と修養に努め、わかる授業を実践する教師(授業力)
(4)児童一人一人の良さを見いだし、伸ばすことを工夫する教職員

“一人一人を大切”にや”一人一人の良さを見いだし”

とありました。

実際のところはどうなんでしょうか?

こちらの小学校の児童数は非常に少なく全校生徒合わせても
平成30年4月度データではありますが175人です。


出典:旭市立富浦小学校

その内の小学校1年生の人数は30人ほどです。
小学生の1クラスの人数は文部科学省により上限が決まっており
小学校1年生で35人、2年生~6年生は40人です。

そう考えますと、30人は少ないです。

一体なぜ?

ガムテープで口を塞いだ理由は一体なんでしょうか?
うるさかったのでしょうか?

しかし、やり過ぎではないでしょうか?

昭和の時代は教師の体罰は教育の一環といったところがあり、

先生が生徒にげんこつや平手などが普通に行われていた記憶があります。

しかし、ガムテープで口を塞ぐような先生は見たことがありません。

体罰等がうるさく言われている中、小学校1年生とまだまだ幼い子どもに対し一体何をしているのか?
やられた女の子も傷つきますし、それを見ていた周りの子どもも深く傷つきます。

なぜこのような行動をしたのか?

保護者の意向で詳細を公開しない理由はなぜか?

はっきりとした情報の開示を待ちたいところです。

ネットの声は?

・絶対に後で問題になるのに、予見出来ない危機管理能力のなさ。まずは、自分が、やられたら嫌な事はやらないと言う小学生向けのフレーズからどうぞ

・許されない。
それと、そんなことをした理由も記事にしてください。

・総合的に判断するも、何もあかんでしょう?これは、絶対ずれてる

・もう少し情報が欲しい。
交代だけで終わりになってるのは
何かあるのかな?

出典:千葉日報オンライン