渡辺太希 容疑者 顔画像?3歳長女を蹴りけがさせる。虐待をなくす方法は?

スポンサーリンク

2018年12月に、熊本県阿蘇市の男が3歳の長女をたたき、けがをさせて逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕された男は「やっていない」と否認しているようです。

なぜ虐待はなくならないのでしょうか?

事件の内容を含めまとめました。

スポンサーリンク

阿蘇市長女傷害(虐待)事件の内容は?

去年12月、3歳の長女を平手で数回たたき、けがをさせたとして33歳の父親が逮捕されました。

傷害の疑いで、逮捕されたのは阿蘇市一の宮町宮地の農業渡辺太希容疑者(33)です。

警察によりますと、渡辺容疑者は去年12月31日、自宅アパートで3歳の長女の腰などを平手で数回叩いたり蹴ったりして、軽いけがをさせた疑いです。

今月中旬、近くに住む人から「子どもの泣き声がする」と110番通報があり、警察が駆けつけた時には、虐待の事実は確認できなかったということですが、その後の調べで暴行の容疑が発覚したということです。

警察の調べに対し、渡辺容疑者は「やっていない」と容疑を否認しています。

出典:熊本放送

事件の内容まとめ

・自宅アパートで3歳の長女の腰を平手で数回叩いたり蹴ったりしてけがをさせる

2019年2月中旬に近所の人から

「子どもの泣き声がする」と110番通報があったようですが、

そのとき虐待はなく、その後の調査で暴行が発覚したようです。

容疑者プロフィール

名前:渡辺太希
年齢:33歳
職業:農業
在住:阿蘇市一の宮町宮地

顔画像は公開されておりませんでした。
Facebookも確認しましたが同姓同名の方もいらっしゃいませんでした。
公表されましたら、こちらでも公開いたします。

被害者プロフィール

名前;不明
年齢:3歳
関係:容疑者の長女
状態:腰を蹴られたり叩かれたりし軽いけが

傷害事件のあった場所は?

阿蘇市一の宮町宮地の自宅で事件は発生しました。

地図上ではこちらになります。

虐待はなぜなくならない?

なぜ子どもへの傷害や虐待はなくならないのでしょうか?

子どもに手をあげる原因として考えられるのは、

・自分の思い通りにならずイライラした

・ストレス発散

・しつけ

が考えられます。

そしてその要因として4つほど考えられます。

・保護者が精神的に未熟

・保護者も虐待されて育てられた

・虐待=しつけと思い、自分は正しいことをしていると思っている

・精神異常

また、父親から子どもへの虐待は、実子より養子(母親の連れ子)へが圧倒的に多く、特に上の子は母親の連れ子、下の子は実子の場合、連れ子に虐待をすることが多いです。

虐待や傷害を起こす保護者が、自分は正しいと思っていることが虐待が続く原因であり、自分はおかしいのでは?と気づき改善しようと思わない限りなくなりません。

自分の心のコントロール方法や虐待としつけの違いや子どもの育て方も国が教育する必要があるのかもしれません。

おわりに

奥さんはいらっしゃったのでしょうか?止めに入らなかったかも疑問です。
普段の子育ての様子はどのようだったのかわからないものの、いつも泣き声が聞こえていたから、今回近所の人は通報したのかもしれません。

子育てに他者の目が入り、警察などが入ることでしつけだと思っていた叩くなどの行為が間違っていると気がつくきっかけになるかもしれません。

女の子は軽いけがで済みよかったと思います。

2度とこのような事件が起こらない事を祈ります。