福山市 小学生 連れ回し わいせつ 山下雅彦 逮捕!ロリコンと女子の心理は?

事件
スポンサーリンク

2月2日、小学生の女児とSNSで知り合い、車で連れ回しキスなどをした男が逮捕されました。

女子は10歳、男は44歳です。

小学生の自宅近くまえ迎えにきた男の車に、小学生女児から乗り込んだようです。

事件の内容をまとめました。

スポンサーリンク

福山市女児連れ回しわいせつ事件の内容は?

SNSで知り合った小学生を車で連れまわし、キスしたなどとして福山市内に住む44歳の男がわいせつ容疑で逮捕されました。

わいせつ目的誘拐と強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、福山市駅家町の会社員・山下雅彦容疑者(44)です。
警察によりますと山下容疑者は今月2日、携帯電話のSNSで知り合った高学年の小学生の女の子を自分の車に乗せ、午後10時頃からおよそ1時間半、福山市内を連れまわした他、キスするなどした疑いがもたれています。
取り調べに対し山下容疑者は「車で連れまわしたことに間違いない、キスは女の子からしてきた」などと供述しているということです。
女子児童は自宅前から山下容疑者の車に乗る所を兄弟に目撃され、母親が警察に通報、市内を連れまわされた後、女子児童の自宅近くで降ろされ、ケガはないということです。

出典:テレビ新広島

事件のまとめ

・自宅前に迎えにきた男の車に女児から乗り込む
・車に乗るところを女児の兄弟にみつかる
・母親が兄弟から聞き警察へ通報
・午後10時~11時半の約1時間半ほど福山市内をドライブ
・「車で連れまわしたことに間違いない、キスは女の子からしてきた」と男は供述
・女児にけがはない

 

容疑者プロフィール

名前:山下雅彦(やました まさひこ)
年齢:44歳
職業:会社員
在住:福山市駅家町
顔画像:Facebookでの顔画像は特定できませんでした

 

被害者プロフィール

名前:不明
年齢:小学校高学年(10歳)
在住:福山市

福山市女児連れ回しわいせつ事件の場所は?

1時間半のあいだ山下容疑者の車で福山市内のどこかに行っていたようです。

山下容疑者の車はこちらです。

福山市はこちらです。

海も山もあり自然も豊かな場所になります。

地図上ではこちらです。

ロリコンですよね?

小学生が10歳で男は44歳、歳の差は34歳年が違います。
一般的には親子の差ですし、ひょっとしたら女児の父親も同じくらいの年齢ではないでしょうか。

最近の小学生は大人びているとしてもさすがに10歳を誘うとはロリコンではないでしょうか?

ロリコンは、相手を思い通りにしたいという支配欲求がありながらも成熟した大人の女性は支配できないため幼い少女に向かうものです。

相手が少女であれば、自分の好きなように染められるという理想を思い描いていることもあるでしょう。

大人の女性や周りと対等に会話ができないなど、コンプレックスを持ちあわせていることも多いようです。

少女はなぜ男の車に乗りついていったのか?

なぜ夜10時すぎに小学生が外に出ることができるのか?
家庭環境がおかしいことはひとまず脇に置きます。

小学校高学年はちょうど思春期になります。
体の成長に伴い、女性としての気持ちも芽生え異性への興味関心が高まる年齢です。

女子は男子よりもまだ精神的に大人である年齢なことから、大人の男性に憧れる一面もあるでしょう。
たまたまSNSで知り合った男性が優しそうであれば、好奇心から軽々しい行動をとってしまう気持ちもわかります。

知らないものを知りたい気持ちは、怖いモノ知らずな年齢だからこそ発動する心の動きではないでしょうか。

そして、周りの女子が経験していない、男性とのドライブや交際、未知の経験などは、女児の中で勲章のようにもなり優越感にもつながるのではないでしょうか。

ネットの声は?

◆今回はキスだけで済んだと思えばまだいいほう。これが強姦されたり殺されたりしたらどうする?
子供のSNS利用について、そろそろ本気で取り組まないとこんな事件は次々起こるぞ。売春にしてもそう、家庭教育が頼りにならない以上注意喚起や補導だけではもう限界が来ていることを認識すべき。

◆またしても一歩間違えば殺される事案だ。
しかも未成年拉致誘拐監禁
SNSはいいかげんにしたほうがいい

◆お父さんお母さんは、娘がSNSやっているのを認知していたのかな?

◆最近の子はやたら大人びてて年齢不詳の子が多いわ。

出典:広島ホームテレビ

おわりに

今回の事件は、女児がお金が欲しかった。という雰囲気は感じません。
興味・関心からの行動のように見えるところから、世の中には危険なことがあるということを充分に大人から子どもへ伝える必要があるでしょう。

ネットの声も殺人などに発展せずに良かったという声が多くありました。
「知らない人についていってはいけません」と幼いころから学んでいると思いますが、成長とともになぜか自分は大丈夫と思いがちです。

大人も子どもも相手がどんな人か見極めるまでは軽率な行動は慎むべきでしょう。